スーパーマーケットの防犯対策|神戸

トップページ

被害を未然に防ぐためのご提案。

食の鮮度と安全を支え、数多くの生活必需品を揃え、夜遅くまでの営業と、常に私たちの生活に便利さを提供してくれているスーパーマーケット。 しかしながら、そこには多くのロスがあるとお聞きします。生鮮食料品等の鮮度低下によるロス、 売場での万引きや倉庫での盗難によるロスも更に経営を圧迫しかねない大きな要因です。 スタッフの皆さんが常に忙しく、フル回転の状態が続き、様々なロスも見落としがちになっていませんでしょうか?

万引き対策にお薦めするのは、まずは防犯カメラの見直しです。 もうすでにほとんどのお店で防犯カメラをお使いのことと思いますが、より鮮明な画像を求められるオーナー様のご要望にもお答えするべく、メガピクセルカメラのラインナップも揃え、既存のカメラと併用してお使い頂けるハイブリッドデジタルレコーダーと共にご提案させて頂いております。店舗の規模や、陳列のレイアウトにあわせ、適材適所に機器を設置すること、また、その目的と意味をスタッフの皆さんにも認識頂きました上で、お客様への対応をして頂くことで、更に高い抑止効果が得られます。


Situation ~場所選択~



メガピクセルなどの防犯カメラシステム

万引防止の電波式クロスポイントシステム


万引き被害に対する考え方と対策について

いったい、万引きの被害額というのは、どれくらいのものでしょうか。 たとえば、原価1万円の商品を、2万円で販売すると1万円の利益。 ところが、この商品が万引きされると、仕入れた原価1万円+利益の1万円、 合計2万円の損失となります。さらにその商品が「売れ筋」であれば、 プラス仕入れ原価1万円が必要になり、実質3万円の損失になってしまいます。3万円の損失を取り戻そうとすると、どれだけの労力を要するのでしょうか。

そのとき被った、被害額と精神的苦痛、そして無駄な時間と労力。 単純に、数字だけのことに留まらない、見えない被害も実は甚大なのです。
ご相談頂けますこと心からお待ち申し上げます。



お問合せ

ページトップへ戻る